<   2005年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

CATSみてきました


劇団四季のミュージカルを見るのはマンマミーアに続いて二度目なんだけど、

すご!

Catsは以前友人にブロードウェイ版ビデオをかりてみてたはずなんだけど、

すご!


Catsシアターなるものからしてまずすごいですよ。その演目専門の劇場なんてふつうないですよ。つくっちゃったよ浅利慶太。確かにこのミュージカルはこの空間でなきゃ駄目だな!と思うだけの手の込みよう。
外は大型倉庫をかっちょよくして見ました程度の感じだけど、中は昔のサーカステントなんてのはこんなだったんじゃないかって感じの小さめの円形劇場風。
天井から二階席から電飾が下がるわ壁中に「猫が見た」サイズのアメリカンなゴミが散らばっているわ開演前の舞台はそのゴミの山みたいになってるわで。
 開演前にぷらぷら見てるだけでも相当面白いです。ひぇ~。

 で、ミュージカルそのものも!
 粗筋でいえば「ジェリクルキャッツっていうのは人に飼われない自由な個性的な猫たちのことですよ!今夜はジェリクルキャッツが集会を開きますよ!そして天上に上る唯一の猫が選ばれる日なんだ!」ってなかんじで、へえそうですかいなってかんじですけどね。(叱られそう) その猫の一匹一匹が素敵なことったらないわけですよ。
【ラムタムタガー】って猫は、わたしがビデオ借りたときにいっちばん衝撃的だったキャラクターで、どんだけエロイんだ貴様みたいな印象をもってたんですが実際に見たら随分とダンディズムで最初わかりませんでしたよ。近くで見たらもっとどぎつくエロかったんだろうか。それとも演出が違うんでしょうか。ステージに上げられてたお客さんがやっぱり羨ましい。
老いた役者猫【アスパラガス】はわたしを涙ぐませた相当な猫です(なにさま)
最近脳のたががぶったるんでるようで、こういう“昔はよかったんだよう、俺だって昔はね…”的なおじいさんの話とかヤバイのですよ。過去の覇者が今は落ちぶれた系の。そういう意味で言えばこのミュージカルの一番の素敵猫【グリザベラ】もそうですね。

ほかのねこだっていちいちすげえですよ。そしてみんな美形。女優さんは特に細すぎる上にしなやか!歌う声もちょうかわいいのでした。うはあ
[CATS」ってのはショーとかレビューとかに近い気がしますが、いやいやいやいやすげぇね四季ってのは。
 全員動きが半端ないですよ。ほんとに猫みたい。人間はあんなふうにしなやかに伸びをしたり反り返ってみたり、音も立てずに半身ほどもジャンプしたり、くるくるまわったりできるもんなんですか。しかも微塵も不自然でなく。
 あんな役者さんがあの世界には大勢いるのかと思うと空恐ろしい気分になります。なんだろう、とんでもないことできるんじゃないだろうか?

 音楽もやっぱり良かった。 いい音楽というのはいいミュージカルの大前提だと思いますが、なかでも「メモリー」は非常によいです。ものすごく久々に鳥肌が立ったよ!すげぇ!
この曲とこれを唄う【グリザベラ】の存在は、他の猫たちをすごいすごいカッコいい面白い、と楽しんでみてた空気を、ぐぅっと締めてひきつけるものがあります。「あなたに似ているでしょう、あの人に似ているでしょう、人間に似ているでしょう」というラストのことばを非常に胸にクるものにしてるように思います。

 この舞台は前も書いたけど小さめ円形なので、客いじりがおおくって一階のお客さんは非常に楽しかったんじゃなかろうかと思います。二階のしかも正面よりも左手寄りだったんでちょっと悔しかったです。ねこは一階も二階もかなり縦横無尽にやってきて芝居をしてくれる(←すごいことですよこれ)のですが、やっぱり見せ場のダンスシーンとか歌のシーンとかだとね……これで正面なら最高なのに!とかわたくし、いつものようにけちくさいことをちらりとでも思ってたんですが!が!

カーテンコールのとき、二階にも猫の人が来てですね、ですね、

握手してもらいました…!! 

うわーい!
CATSシアターほんとにしゅてき! と、まんまと四季に篭絡されて帰って来ました。
いやでも、あの劇場はいいですよ。ほんとにいい。
[PR]
by lowoolong | 2005-01-07 00:21 | 演劇

メモ書き。

今月見るものリストアップー

六日      劇団四季 『キャッツ』 (←なんだか親がひそかに取っててびっくり)

二十二日   新橋演舞場 『寿 新春大歌舞伎

二十三日   東劇 『シネマ歌舞伎 野田版・鼠小僧』
二十七日   Bunkamuraシアターコクーン『走れメルス』 (二度目)

見る予定なもの 行定勲監督 『北の零年』 (1月15日~)
           

あははは!金がねえぇええ!笑
まあ演舞場とキャッツは親と一緒なのでたかるのですが…シネマ歌舞伎はなぜかわたしが親におごるんだしな…(なぜだ)
それにしても、二十日まではテスト期間なのでがんばらねばならない。韓国語は新年早々わたしに死ねと言ってるのだろうか。ヨボセヨ、ハングーゴコンブーハンニカ?
アニョー!
(訳・もしもし、韓国語を勉強しますか。いいえ!)

正月のお笑い番組は飽きるなあと思いつつ笑っちゃいますね。
髭グリア… ペナルティの体毛濃い方むかつくわあー(笑)


あ。二十二日は浅草で勘九郎のお練りがあるらしいですな。
新橋は夜からだから起きられたら行こう。おめでてえなあ。
[PR]
by lowoolong | 2005-01-02 14:13 | 日暮

年の初めの例とて終わりなき世のめでたさよ

あけましておめでとうございます。なんか年明けって感じしないのだけどなんでだろ。

しかし大晦日は雪が降って凹んだ…雪用ブーツはいてたら水染みてくるし。
たった168円の小エビを買いに行くのにブーツを駄目にしました。なんだ小エビなんて!
んでも、紅白でジョン・健・ヌッツォ(←いつ見ても聞いても語呂のいい名前…)の熱~い「新選組!テーマソング」が聞けて満足です。妙なコントを振られてリアクションに困ってる勘九郎さんが見れてもっと満足です。なんだあの演出。
大晦日にやってた「平成中村座NY公演・夏祭浪速鏡」でちょっと感動してたのですが、その感想はまた後に書くことにします。でもほんと勘九郎超カッコいい。なんだあのひと…


年末にかけて、スマトラ島沖地震などとんでもない世界規模の災害がおきたりなんかして、大丈夫なのかしら地球とも思います。阪神大震災の30倍だか300倍だかとか聞きましたが、……なんとまあとんでもない。日本も台風にあいまくったり新潟は大きな地震にあったり。なんとまあ。
今年は第二次世界大戦の終戦六十年目、ついこないだまで終戦五十年って騒がれてたような気がするのに。
去年も結局戦争は終わらないし、たぶんこれからだって人間のいる限り戦争は終わらないでしょう。それでもやっぱり年の初めに願うのはまず家族の平和知人の平和。世界中の人びとがそれを願うなら、そのエネルギーは膨大なはずなのにねぇ。難しいものです。
とりあえず、大伴家持の歌は今年の元旦にぴったりですね。
「新しき年の始の初春の今日降る雪のいや重け吉事」

そして個人的に、十八代目中村勘三郎襲名に大きな期待。
たぶん、中村屋が歌舞伎に存在していなかったら私歌舞伎見てませんでしたもの。
にわかだろうがミーハーだろうが、人生楽しんだもの勝ちです!えへへ。
[PR]
by lowoolong | 2005-01-01 13:11 | 日暮