カテゴリ:みものききもの( 33 )

すてきケーキ

c0022251_79890.jpg

マルイ海老名の有名店「ヤナギ」のケーキ

ちんまくて高くて、、うまい。
[PR]
by lowoolong | 2006-06-26 07:09 | みものききもの

あれれ

人生が不安定なものでブログ設定をスカッと間違えてしまいました。
これで見れるようになったろうかな。
もーねーいつもここからのラジオが面白いよ。みんな聞くといい。
……ってまだ言ってるのかよ私は(´・ω・`)
でもだってあの黒い人と白い人のイメージがちょっと変わるよ
奴らどっちも天然だぜ。

ああそれにしても人生が、というより人生設計をする私の情緒が不安定だァー
どうしようかねえもう 誰か私を永久に養ってくry ……いやいやいや。
歌舞伎が見たいなぁ ふくすけさんの道成寺がみたいよ…

【今日の音楽】
・アディエマスは一体どこの言語を使っているのだろう。うんぱやぱーやえまやーかーまー♪って聞こえますけども
・AQUA可愛い。萌え死ぬ。ミラクルキューティボイス×ド低音ですよたまりませんよ
・CCCDのバカ。
[PR]
by lowoolong | 2006-05-03 08:34 | みものききもの

いつもここからー

忙しいやら未来が見えないやらで('A`)な毎日です。これだから春はイヤだ。
でも最近、ちょっとひとつ楽しみが出来ました。

「いつもここから」っつう芸人さん方がいてですね。
悲しいときとかどけどけとかいう人たちですね。
その人たちがいま、podcast(Ipodとかのmp3プレーヤーで聞けるタイプのラジオ番組?)で「いつもここからの芸能株式市場」とかいうwebラジオをやっているのですよ。

これがねー
なんかおもしろいの。
ふたりともすげーマイペースで笑えます。なんだろうこのひとたち。

だいたい芸人さんのラジオ番組ってのは結構面白いんですよね
素が分かるというか、好き勝手感がいいのです(まあたいていシモいんだけどさ)
ただ、やっている時間がやたら遅かったりして聞けないことが多いので、
こういう風にいつでも聞けるってのはいいかも。
つくづく、Ipodってなんかすごいシェアだよなあと思うよ。アップルは外堀から埋めていく経営手段が憎たらしいですね。(まあIpod持ってなくても聞けるわけなんですが)

いつもここからのネタは言いえて妙な所をついていて共感できます。物哀しさも含め。
彼らは相当昔に「がぶ飲みしたいときー」とか言ってcmをやってましたが
いまはNHK教育の体操のお兄さん(アルゴリズム体操)もやってますね。
あれ見たとき一人で大爆笑してしまいました。無表情を極めると笑いになるのだな。
山田さん(色の黒い茶髪の方)はカブトムシとクワガタの本を出していて
わたしは本屋で発見したときまた爆笑しそうになってしまいましたとも
ヒロシさんとの対談もついていました。……カブトムシとクワガタとヒロシ。……(笑)

てなわけで、まあだましだまし人生を頑張っていこうと思う四月の宵です。
ちなみに私のIpodはS&Gとボブディランと東京事変でクルクルしておるよ。


c0022251_421430.jpg
ちょいとお待ちよ車屋さん
お前見込んで
頼みがござんす
この手紙、
内緒でわたして
内緒で返事が
内緒で来るよに
できゃせんかいな?


東京事変カバー曲
「車屋さん」より。
※イラストはイメージであります。
[PR]
by lowoolong | 2006-04-20 01:29 | みものききもの

なかむらや!

こっそリンク
グループ魂(くどかんや阿部サダのバンド)面白すぎますよ
女形ですかねはなざえもんさんは
[PR]
by lowoolong | 2006-03-31 14:04 | みものききもの

ガストン・ルルー

ガストン・ルルー著
『オペラ座の怪人』(角川版)

!おもしろかった
わたしは江戸川乱歩とかエドガー・アラン・ポーとか(ああめんどくさい)、ミステリーなんだか怪奇ホラーなんだか、という微妙な按配の作家がわりとすきなのですが
ガストン・ルルーもそういったジャンルになるのかな。ややこしい描写もありますが総じてかなり面白かった。オペラ座の地下の湖って実在した(?)らしいですね。下水だったらかなりヤだなとか思ってたのでほっとしました

怪人がマッドでサイコで可愛いですね(私見)
乱歩作品に出てきそうな小粋なイカレっぷりです。「こいつは大笑いですね、ハハハハハ」とか言いそう。言わんか。多分、訳の影響もあるのでしょう。

クリスティーヌはイメージ以上に複雑な人物でした。
彼女はただのホラー・怪奇物語のヒロインではなく、人間ドラマのヒロインでもあるわけで
被害者と同時に選択者でもあるのだった。聖く正しく美しく、弱くもあり強くもあり。
ラストなんか特に、怪人に向ける同情の匙加減が、やりすぎでもなく酷薄でもなく、いい塩梅だと思います。
互いの額へのキス、それだけ。
原作はある意味、(怪人にとっては)ハッピーエンドなんじゃないかと思いました。

パリ・オペラ座に一度行ってみたく思います。あと、オペラが見たいな。魔笛とか。
レコードはあっても機械が壊れて聞けないというお寒い家です。アイーダもフィガロの結婚も後宮からの逃亡もあるのに何一つ聞けん!はらだたしいわぇ。
[PR]
by lowoolong | 2005-12-07 13:20 | みものききもの

@ザ・グローブ・プロジェクト「燈色の星」

寒い……
暖房器具が足りぬ。
あったかいオサレな服も足りぬ。
ていうかもう動きたくない。(←最悪)
とかぼやいている間にも、舞台をひとつ見てきました。幕開きの瞬間の為なら寒さなんて…!

早稲田大学×ジャニーズ事務所@グローブ座。
学生から演出・脚本・スタッフ・キャストを公募、それプラス岡本健一がジャニーズ舞台の拠点である新大久保のグローブ座で舞台をやるっつう不思議な企画です
なんかすごいんじゃないですかね。早稲田大学は結構色々やっちゃう大学だってことは知っておりますが、ジャニーズ事務所も学生演劇に興味を示すとは。テレビで夜中にやってる、「演技者」(だっけ?)みたいなノリなのでしょうか。

ストーリーは、井原西鶴『好色五人女』の「お夏清十郎」×芥川竜之介『地獄変』って感じ
コロス(集団)が、地獄の獄卒や、火や、民衆に柔軟に代わるところなど良いですね。
学生劇団の芝居って、結構小さな劇場だからナントカなる部分ってあると思うんですけども、そこはよくサポートされていたように思います。シナリオも良いし、バランスが良かった。
まとまりすぎてるかなァという印象もありましたが…
にしても、岡本健一氏はやっぱり存在感があった。

演者・スタッフに知人が何名かいたのですが、ふがいない毎日を送っている私は
「よく頑張ってんなああ えらいなあああ」とキラキラした目で見てしまいました。お疲れ様でした。

@ザ・グローブ・プロジェクト

+++
新大久保のナチュラルなハングルの多さにびっくりしましたよそういえば。
そして、グローブ座のカッコよさにウキウキしました。『恋に落ちたシェイクスピア』の劇場にそっくり! シェイクスピアものが映えそうです。
[PR]
by lowoolong | 2005-12-06 12:09 | みものききもの

女の一代記 ~瀬戸内寂聴


「憐憫よ!!」

寂聴さんは「女流源氏物語」(だっけ?)をえらく面白く読んだように思います
ただでさえ設定がドロドロしているのだから、
もっと演出がドロドロしている方がよかったなあ。昼ドラのように。「この女郎蜘蛛!」みたいな

とにかく りょ 涼太(←勘太郎)… 首吊り…(´・ω・`)
「あんたら三人ともおかしいよ!」って自分のこと含めて言ってるのかと思った
君もたいがいおかしいよ 
純朴青年から無気力青年(「植物みたい」って)、若干ヒモ男までの流れが凄いですね。。
いい役者だなあ~ (あと、後半が勘九郎そっくりでちょっと笑った)

役者陣がみなよかった
阿部寛はえらいいい男っぷりでした。「YOU!」とか言っている某教授とは別人の如し…(笑)
[PR]
by lowoolong | 2005-11-25 00:49 | みものききもの

ピーター・セラーズ

最近なんだか毎週のように映画(レンタル)を三~四本みているのですが
ちょっとヘンな方向でツボに入った映画がありました
博士の異常な愛情/またはいかにして私は心配するのをやめて水爆を愛するようになったか」というやつ。長ぇー… どうも有名な作品だったらしい
原題は「Dr.strangelove」云々なんでちょっとこの邦題をつけた人はイカしている。
おもわず、説明読まずタイトルに引かれジャケ借りをしたわけです(やることが小さい)

ちょっとアレなアメリカ軍の幹部がソ連に核を打ち込めとか戦闘機に命令を出しちゃって
妙にソ連大統領と仲のいい大統領やホワイトハウスがうだうだしていて
ストレンジラブ博士というこれまたアレな博士がなんか出てきたりしてるうちに…
という、まあたぶんブラックなコメディなんでしょうが
あまり単調すぎてシリアスなのかコメディなのか最初のうちわかんなかった上に何度もうとうとしてしてましたが、大統領とストレンジラブ博士(←目がやばい)が面白すぎたうえにオチがあんまりひどいのでけっきょく笑ってしまいました
妙な映画だ…

エンドロール見てびっくりしたのが、これ「ちょっとアレな軍の人」と「戦闘機の機長〈?〉」と「大統領」と「ストレンジラブ博士」が同じ俳優、つまりひとり四役(!)だったんですね
この俳優がピーター・セラーズと言うそうで
ちょっと気になっていたら「ピーター・セラーズの愛し方」という映画をおあつらえ向きにおいてあったんで見てみました
この映画で“ピーター・セラーズ”を演じているのが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」で私の大好き♥なバルボッサ船長をやったジェフリー・ラッシュで
ピーター・セラーズはもちろん、“周りの人間がセラーズについて述懐する”のをさまざまに変装して演じていました。女装から老けメイクまで。 ちょっと凄いですよどうやったんだ
もちろん『博士の異常な愛情』の撮影風景も出てきて、博士や大統領にも扮しています。似てる…声も似てる…!ww
「いろいろな役にはすっかりなりきってしまうけれど、地の自分をどう生きればいいのかわからない」というのは厄介だなあ。
両方とも絶賛して人に勧める様な映画じゃないけど、なんだか引っかかる俳優です、ピーター・セラーズ。。

ジェフリー・ラッシュ、またジョニー・デップと競演してくれんかな
「パイレーツ~」は続編があるらしいですがバルボッサ船長(♥)はもう出て来ないだろうしなー
[PR]
by lowoolong | 2005-11-18 04:20 | みものききもの

えいが

チャーリーとチョコレート工場
この胸いっぱいの愛を
蝉しぐれ
コープスブライド
三丁目の夕日


ラスベガスをやっつけろ
ドンファン
ブロウ
フェイク
ネバーランド
シークレットウィンドウ
ブロウ
ギルバートグレイプ
ショコラ
夜になる前に
ナインスゲート
レジェンドオブメキシコ
デッドマン
妹の恋人
耳に残るは君の歌声
エドウッド
スリーピーホロウ

マーズアタック
ビッグフィッシュ
バットマンリターンズ
ナイトメア・ビフォア・クリスマス

サイダーハウスルール
ニューヨークの恋人
博士の異常な愛情
[PR]
by lowoolong | 2005-11-01 01:29 | みものききもの

「ALWAYS三丁目の夕日」試写会

ワーナーマイカルの全国一斉試写会というものが当たりました
試写会とかはじめてあたった。結構当たるもんなのかしら

「ALWAYS三丁目の夕日」は11月5日公開の邦画で
昭和三十三年の、東京タワー建設中な日本でのお話。でした
「淳之介」役の子と「ロクちゃん」とよばれる集団就職で上京してきた女の子役の堀北真希嬢がえらくよかった。あれはいい。
堤真一と吉岡秀隆の競演(←一部文字通り)が面白かった。
小雪がふとした瞬間に鈴木京香にみえて驚きました

町並みや衣装、汽車に車とノスタルジックなものはたくさんですが(個人的に銀座がツボ)
必要以上の懐古主義に陥ってないのもいい。
尺はちょっと長かったけど、いい映画だと思います
とはいえ、シネマストアで買ってきたのは「コープスブライド」のミニポスターだったり
「デッドマン」(notウォーキング)のポスターだったりします。貼る場所がないよしかし
(天井は歌舞伎だらけ)

***c0022251_0514810.jpg
ハロウィーンなもので
仮想しつつ人の家に押しかけて「悪戯しちゃうぞ」とか脅すってな痛いことも実はちょっとやってみたいような所ではありますが
小心者ゆえおとなしく家で蝋燭を炊いたりしていました
明日はもう十一月です
顔見世の季節です
[PR]
by lowoolong | 2005-10-31 23:36 | みものききもの