2005年 11月 17日 ( 1 )

中村勘太郎 中村七之助 錦秋特別公演

十一月十六日
中村勘太郎 中村七之助 錦秋特別公演@鎌倉芸術会館大ホール

c0022251_0322820.jpg
おおぉ… 
中村屋が帰ってきたァーーーっ (オッコトヌシ)
御園座にいけなかったので納涼歌舞伎以来ですよ
とっても楽しみにしていましたが、間違えて先週出かけてしまうところだった。だってチケットとったの五月だもの……先行発売め
席が前から六列目(歌舞伎座なら旧とちり列ですよ)だったのでなおさら、開幕まで久しぶりに異様にドキドキワクワクしていました。
舞台の楽しさというのは間違いなく、この開幕前の昂揚感にもある

■蝶の道行
助国 勘太郎
小槙 七之助

お家騒動に巻き込まれて処刑された恋人たちの魂が、蝶に変わって恋の馴れ初めから地獄の責め苦を受ける様までを描く舞踊。
七之助があまりにも美人なので「ほんとに男なのかこのひとは」とはじめて思いました。お人形のようです。かわいいかわいい、可哀想
かんたろさんの助国がとっても良かった。勘太郎の踊りはとても好きだったけど
型や振りというよりも、苦しさや悲しさといった「心」で踊っているような感じだった。伝わる踊りだ。
無理だろうけど、もっとずっと小さな小屋でこのひとの踊りを見たい。心の底から、ぐらぐらするにちがいない。

八月に染五郎&孝太郎コンビで見たときはとにかく「火サスだわっ」という印象が一番強かったですが、たぶんあれは背景と美術が特にゴテゴテだったのでそう思ったのだろうな
蝶になるときの衣装が、骨っぽく?てよかった。こんぐらいシンプルなほうが好き。
…つか、花道みじかっっっ!!

■芸談
二人で話すのかしらと思ってたら、日テレのアナウンサー嬢が司会をしててスムーズに進みました。ほっとしました
勘太郎丈はにこにこ如才なく答え、七之助丈はときどき「………、あら?」みたいな(笑)
アナウンサー嬢、度々「~七之助さんはいかがですか」と聞いていました
・この兄弟は「女形といういきもの」というのがなんかの符丁なんでしょうか(以前も七之助がTVでそう言ってたが)
・勘「実際の女性を真似すると、…ねェ」だそうで(笑)
・気分転換は「お香をたいてDVDをみます」の勘太郎と「映画館に行きます」の七之助。…びみょう…(笑)
・十二月二十七日、日テレで九時からの「河井継之助のドラマ」見てね!×三人
きっと家でDVDつったってホームシアターとかあるに違いないわー
昔は寄ると触ると喧嘩だったとか、ベビーシッターさんに「波野さんとこは五分に一度寿命が縮むかと思った」と言われていたとかしゃべってました。そのくらいの喧嘩はこどもの時ならみんなしますよ(多分)。けどベビーシッターはおらんだろうなー
それにしてもあれだ、間近で好きな役者さん二人が素でしゃべってるのを見られるのはとてもよろしいですね。質問なんかできたもんじゃないです(したかったけども) 

■団子売り■
団子売りの夫婦が、コミカルに団子を売るおどり(それ以上なんといや…)

もー もうー もうーー
可愛かったー!可愛かったー すごく良かった!
七之助は女形すっごくきれいだったけど、立ち役の方が生き生きしてるように見えたなあかわいいなあ
かんたろさんは女形やるとしっかり物の奥さんって感じになりますねかわいいなあ
…と、ことほど語尾に「かわいいなあ」とか「いいなあ」ってつきそうなすてきな踊りでした
お面をかぶって踊るところ、かっこいいよびっくりしたよ団子屋
すごいなおかめ…! で、七之助がひょっとこなのか 笑
とてもかわゆらしかったです。あんな団子売り夫婦がいたら絶対団子を買ってしまいますよ
きゅんきゅんですよもう(何がなんだか)

***
思わず帰りにストラップを買ってしまいました…
この兄弟にはこれからも頑張って欲しいものです
わたしももっと頑張らなきゃなと思いました。
十二月は勘三郎リターンズです わーい☆
[PR]
by lowoolong | 2005-11-17 22:58 | 歌舞伎