2005年 07月 10日 ( 1 )

はーい

一年間で二回くらい物凄く自分が嫌になる季節がやってまいりました。
もういい加減 ハングルは いいよ… キムチとか何とか三年間もやってられないわ

いろいろ終わったらその日が『十二夜』観劇なので、それまで頑張ることにいたします。
わたしは沙翁が苦手なのかどうなのか
「ハムレット」の戯曲の一行一句にムカムカイライラしてどうしようもなかったんですが
(なんか古風で堂々巡りで悲壮ぶってて鬱陶しいうえどーでもいいよ みたいな)
さて「十二夜」はどうなんだろう。

蜷川氏、テレビで「歌舞伎役者は文学を身体で埋める」と言っていたのが
なんだか凄く納得できる表現で
やっぱすげーな、と思った次第であります。楽しみ。
にしても、歌舞伎で(しかも歌舞伎座で)蜷川でシェイクスピアなんてもの凄い企画だと思うんだけど、その割にプッシュが少ない気がするのは気のせいだろうか。



***
沙翁→沙吉比亜 より
すごい当て字
[PR]
by lowoolong | 2005-07-10 22:24 | 日暮