2005年 06月 29日 ( 1 )

板東弥十郎丈のこと、など

c0022251_1401017.jpg
あー
いつも通学途中の駅にあった坂田藤十郎ポスターが無くなっちょる!
藤色できれいだったのに


今日は大阪への中村屋舟乗り込みだそうで。
藤娘と沼津、見たかったな。東京でまたみれることを楽しみに待つとしませう
演劇界バックナンバーを繰っていたら、二〇〇一年五月号にちょうど勘九郎がどちらも初役で出た折りの劇評があった。老け役の平作はさておいても、藤娘がそんなに最近だったとは?
考えてみりゃ勘太郎さんは二月を休んだだけで去年の十二月のメルスからこっち、八月まで休みなしなんだな。すごいな…
勘三郎も若いとき十七ヶ月休みなし(!)とかあったみたいだけど、いま伸び時ということなのだろうか。てか本当なら七之助もry

八月は万歳納涼歌舞伎なわけですが、
なんつっても楽しみなのが伊勢音頭恋寝刃のお鹿@弥十郎。
女中さん!? か、加役もいいところだ…!と思ったらそもそもそういう役らしい。
坂東弥十郎という役者さんは、十二月の「梅ごよみ」で勘九郎が玉三郎にぴしぱしいじめられるの(ていうかどっちもどっち)を止めにくる役だったのですが
なんだろーな勘九郎に感情移入していたのかなんなのか
「ひ、ヒーローだわ!!すてき☆ミ」と思ってしまいました。誰も信じてくれやしない。
お鹿さんには「お紺さん、いいえぃなあ油屋のお紺さん」とかいう名ゼリフがあるらしいので楽しみでございます。
あと、『法界坊』での笹野高史にかわって山崎屋勘十郎@勘太郎。なんか、こういうフラレ役が立て続けのような(笑)

それにしても、伊勢音頭恋寝刃って言う題名はいいなあ…
なんで歌舞伎ってこんな、いちいちツボなものが多いのだろう
[PR]
by lowoolong | 2005-06-29 19:05