2005年 01月 26日 ( 1 )

あしたは電話にかじりつき…

取れなかったら泣きます、三月襲名チケット…
ていうか今から泣きそうだ。ドキドキ。
勘九郎改め勘三郎は勿論ながら、
かんたろさんの本場の演技をみたいんですよう…!
神様…!!
(なんか、「か」ばっかり)

とか何とか日々を送っていましたところ、わたしのめろめろな福助丈の公式ページを発見しました。
トップページはその、そんな、「ぎゃあー可愛い」って感じではないですが
「主な出演作品」とリンクの和楽サイトの福助ページはとてもいい。

しかし、わたしは残念ながらこの「主な出演作品」での福助見てないんだな

見てないといえば、わたしが今一番見たかった過去作品が2001年の「コクーン歌舞伎 三人吉三」でございます。
というのも、先日のスマステでこの演目のラストであろうシーンが紹介されてたからなんですけども。ネタバレからの出発です。
超ドカ雪の中にばたっと倒れこむひとり。それをみつめるひとり。たたずむひとり。
なんだか大変叙情的ではありませんか。

三人吉三という作品は、女装の少年お嬢吉三、武家の出のお坊吉三、兄貴肌の和尚吉三という三人の白波たち(どろぼう)が、因業宿我の六道も百の輪廻も股にかけ…ってなぐらいドロドロした最後を迎える河竹黙阿弥の作品です。…だと思う。
ストーリーの粗筋だけでもちょっと気になるところですが、この「女装の少年」というなんともトランスセクシャルな役どころを福助が、お坊を橋之助、そして和尚吉三を勘九郎がやったというんですからちょっとあなた。そしてこれを、「夏祭浪花鑑NY版」も手がけた串田和美が演出したって言うんですからちょっとあなた。
ビデオもDVDもでてなかろうなあ、とあきらめていたのですがこれがまた、
勘三郎襲名記念DVD-BOXとかいうのの中に入ってるっつう話じゃありませんか。(朝日新聞の広告より)

勘三郎襲名記念DVD-BOX
「勘九郎箱」

1巻 鏡獅子
2巻 義経千本桜  川連法眼館の場
3巻 仮名手本忠臣蔵  五・六段目
4巻 一本刀土俵入
5巻 野田版 鼠小僧
6巻 法界坊 平成中村座公演
7巻 コクーン歌舞伎 三人吉三
8巻 映画 『アッちゃんのベビーギャング』
        『ベビーギャングとお姐ちゃん』
9巻  勘九郎最後の舞台 身替座禅
10巻 勘九郎最後の舞台 今昔桃太郎

■特典ディスク+特製ブックレットつき 特製ボックス仕様
2月1日予約開始
15,000セット限定生産 3月3日発売
37,800円  


…うーむ か、かなりおいしいラインナップです、1巻と3巻と5巻と7巻、特に。
おそらく「勘九郎最後の舞台」ってやつぁわたしが観にいった12月20日の奴でしょう
(撮影カメラが入っています、という案内がありました)
確かに20日のはすばらしくよかった

アッちゃんて誰だよとか思うところがあるので、とりあえず保留です。むむむ。
1万5千セットってどうなんだろ。
新選組!にかんたろさんが出てたのはぜったい勘三郎襲名興行のプロモだったんだわキリキリキリ、と最近中村屋に愛憎半ば(笑)

くわしくはこちら
[PR]
by lowoolong | 2005-01-26 23:06 | 歌舞伎