2005年 01月 12日 ( 1 )

浅草のおねり歩きについて

授業で、何でもいいから博物館等の展示の企画をつくってこいちゅうのがあったので
いま一番興味のあることから「中村勘九郎の世界」みたいなののレジュメをけっこうがんばってこしらえたのですが
(頭が悪いのは承知の上田)


……ほんとにやるのね、二月に。


……ていうかなんで知らなかったんだろう。

………発表、明日なんですけど。
もういいや、これで出しちゃえ。先生ごめんなさい。
単位がこなかったらどうしよう。


「入場料・無料」とか「特別講演・中村勘九郎/ゲスト渡辺えりこ」とか
マジでドリームなこと書いたレジュメですので
かぶる云々の前にまず駄目だろって気もするけど。
あ、どうしようおちこんできた。


さてさて22日には浅草で勘九郎さんのおねりがあるそうで。
聞いたところによると勘太郎としちのすけさま(←なぜ次男だけ)との三人での三番叟もあるとかないとか。
超いきてえ。というか、行きます。きっと。

ある女性アーティストを崇め奉ってる弟に、「勘太郎が好き好きとゆうとるが、携帯の待ち受けを勘太郎にできなくって何がファンだー!」とか「他人なんて気にしてる時点で駄目だー!」とかオタクなお説教ファンの心得を説かれてしまいましたしね。
やだなあ、家族そろって2,5次元ファンですよ(ちなみに母はアルフィー)

もういや!こんなおうち!



あーあ。韓国語が本気でやんばい…
[PR]
by lowoolong | 2005-01-12 23:35 | 日暮