走れメルス~少女の唇からはダイナマイト!~ 二度目

1月27日夜の部@bunkamuraシアターコクーン

三月襲名チケットがweb松竹様のおかげでなんとかとれ、余裕を持ってゆくことが出来ました。やれやれ。
12月29日来、およそ一月ぶりの「走れメルス」でござりんす。

今回はA席、二階席でした。しかし二階席、なかなかよかった。前回は一階右側バルコニーだったため死角になる部分があったり(死角ったって贅沢な意見ですが)表情が見にくいことがあったけど、
今回はそうためらわずオペラグラスを使えるので(あまり使ってる人はいなかったけど…)表情による発見とかも結構あった。凄いね役者というのは…!
映像を使ったシーンも全体像が見えるとかなり新鮮だった。新聞紙が落ちてくるシーン、メルスを追う刑事たち(六角慎司さんが急病のため!七人が六人になってました)の足が大写しになるシーンが凄かった。本当に追っかけられてるみたいに見える。よいなあ。
まあ、グワーッというスピード感と熱はさすがに前の席の方がいいです。飛び散る汗が肉眼で見えるっていうのは、すげえですよやっぱり。

話の流れを知っていたので、最初から切なさがクレッシェンド(<←をながーくした感じのやつ)みたいでした。わたしの見方は何か偏ってる気もします。まあいいか。
舞台全体がみえることで、手を出せないなにかをみつめているきぶんでした。こういう席も悪くないっすね。
スルメとメルスの関係が、前よりもよくわかった…ようなきがする。鏡の反転とか、風呂桶の話とか、相対・性理論とか、メルス側の発見が多かったです。

深津ちゃんの可愛らしさと紙一重の狂気が愛しいです。っていうかすごい。深津絵里すごい。(小学生並の文章)
踊る大走査線でしかあなたを知らなくてどうもごめんなさい。スルメが好きになるのもわかる可愛らしさと狂気。
「どうせ何度ふりかえったって、あんたのかおがうつってるだけじゃない!!」とかの声がすごかった。
かんたろさんは足にひびが入ってるというので、どすんばたんすっ転んだり片足立ったり飛び降りたりする演技はしないのかなあと思ったら実にめいっぱいやってました。あれ、知らなかったら絶対わからない。役者ってすごい。どうも他の役者の発声に比べ声が一直線すぎる気がしますが、あれはあれでいいんでしょうか。
狂気を見せるシーン、前回は死角になっていたのでイマイチ表情がわかりづらかったのですが今回見ててびびりました。こ、怖ッ!!!かんたろさんは全体的に表情変化がすげえなあと思ってましたが、あの眼差しはすごかった。こんな奴に惚れられたら厄介だなあ。ある意味羨ましい。けど厄介だな(エンドレス)

野田大奥さまと古田大地主さまはもう素敵すぎです相変わらず。「ぼうやラグビー」で、ぜえはあしている野田さんに「がんばれ!」という愛の励まし(笑)
この人たちの存在は、芙蓉とスルメ(逃避行カップル)に対する現実主義者みたいなもんなんだろうか。
「拾え、屑鉄を拾え、裸一貫から叩き上げるんだ!」のことばは、絶望的な芙蓉とスルメを残して次に進んでゆく、一昔前の社会のパワーみたいなものを感じました。力ずく、物理的。あれが高度成長期?
スタイリッシュなメルスたちの世界にはバブル期~現在のようなものも感じます。富に対してなんかうつろ。

やっぱりよくわからない話なんですがなんか好きだわ。(ゴダールとかのワケのわからなさは苦手です)
これを二十歳で書いたってンだから、野田秀樹は天才か紙一重か、って多分両方な気がする。

しかし、六人の刑事なのに身元不明の死者七名って言う人数が変わっていないのはどうなのでせう。
入り口で筑紫哲也と、おそらくエレキコミックの谷井(?自信無)、こちらもおそらく平岩紙ちゃんを見ました。
「やたらオーラのあるおっさんだな」と思ってたら筑紫さんだった。かっけーぇ
[PR]
by lowoolong | 2005-01-28 00:40 | 演劇
<< 池袋ジュンク堂 あしたは電話にかじりつき… >>