「ALWAYS三丁目の夕日」試写会

ワーナーマイカルの全国一斉試写会というものが当たりました
試写会とかはじめてあたった。結構当たるもんなのかしら

「ALWAYS三丁目の夕日」は11月5日公開の邦画で
昭和三十三年の、東京タワー建設中な日本でのお話。でした
「淳之介」役の子と「ロクちゃん」とよばれる集団就職で上京してきた女の子役の堀北真希嬢がえらくよかった。あれはいい。
堤真一と吉岡秀隆の競演(←一部文字通り)が面白かった。
小雪がふとした瞬間に鈴木京香にみえて驚きました

町並みや衣装、汽車に車とノスタルジックなものはたくさんですが(個人的に銀座がツボ)
必要以上の懐古主義に陥ってないのもいい。
尺はちょっと長かったけど、いい映画だと思います
とはいえ、シネマストアで買ってきたのは「コープスブライド」のミニポスターだったり
「デッドマン」(notウォーキング)のポスターだったりします。貼る場所がないよしかし
(天井は歌舞伎だらけ)

***c0022251_0514810.jpg
ハロウィーンなもので
仮想しつつ人の家に押しかけて「悪戯しちゃうぞ」とか脅すってな痛いことも実はちょっとやってみたいような所ではありますが
小心者ゆえおとなしく家で蝋燭を炊いたりしていました
明日はもう十一月です
顔見世の季節です
[PR]
by lowoolong | 2005-10-31 23:36 | みものききもの
<< えいが バートンバートン >>