六月大歌舞伎(夜)

六月九日(夜)@歌舞伎座

あきらめましたよ どうあきらめた あきらめきれぬと あきらめた

今日は大阪松竹七月歌舞伎の販売日ですね。…はじめて、何かを見るために遠征とやらをしてやろうかと半ば本気でたくらんでいましたが、ええい。
折り良く八月納涼歌舞伎の演目が歌舞伎座メール(だっけ?)で配信されてまいりましたので、この際七月はがまんして八月の席をすこしグレードアップしてやろうと目論む。
金はなしテストはあるしであーちくしょ。 って結局諦めたので上の都都逸は不適切でしょうな
(そういえば歌舞伎座でかかる「~月歌舞伎」っていうのは、八月以外は全部「大」がついてますね。八月は若手中心だから大がつかねーんだよと聞いたりしましたが、これからもつかないまんまなのだろうか。まあ「八月大納涼歌舞伎」じゃ暑苦しいかも)

さて、今月の大歌舞伎を見てまいりました
んー、やっぱり歌舞伎座はいいです。見にくいし椅子は疲れるけど、やっぱり好きだ。

■盟三五大切■
…なんというか、夜の部はほとんどこれを目当てに行くわ!というかんじ
いやーもーおもしろかったーー!!
ぎりぎりにチケットとった割にはかなりよい席で見れてなおさらよかった。素敵にグロテスクー

父の主のためにお金がいる三五郎は、芸者にしている妻の小万に惚れた浪人者の源五兵衛をちょろまかして金子百両をぶんだくってしまいます。源五兵衛は実は赤穂浪人の不破数右衛門でその百両は討ち入りに必要な大事なお金、だまされたことに腹を立てた源五兵衛はふたりを殺そうとして誤って他の五人を殺してしまいお尋ね者に。からくも逃げた三五郎と小万、そして源五兵衛はどうなるのでしょうかー
って話でしょうかねえ。まああらすじはともかくも、
吉右衛門すてきー! 仁左衛門かっこかわいいー! んでもって時蔵、素敵ーー!!って言う……
殺しの場面(五人斬り&小万殺し)、源五兵衛がかなりの極悪人なのにとても格好よかった……!! 子ども殺しやがってー!(ぞっとした) 悪いなーでも真面目なんだろうなーカッコいいなーもー(いいのかな)
ひとつ布団で三五郎が小万の「五大力」を手ずから彫りなおしていたりとか、幽霊を全く怖がらなかったりとか、あの夫婦はまさに「へへんこちとら町人でさあ」みたいな感じがあっていいなぁ。源五兵衛にびびりまくるし。にしても仁左衛門はかっこういいですこと…
八右衛門(染五郎)が健気で可哀想でくぅ~っときた。うう。
この話は凄く「忠臣蔵」と「四谷怪談」にリンクしていますが(というかもともと四谷怪談が忠臣蔵にリンクしているのだっけ)、やっぱりわたしは武士道&切腹&天晴!な忠臣蔵よりも殺しやら金やらでドロドロな四谷怪談的なもののほうがすきなようです。小万の首とかね……何かするとは思っていたが、それでもやっぱりびっくりしたわ(しかもあれだけのため 笑)
最後にすべてが集結して、パァっと舞台が明るくなって終わり、よくよく考えりゃ源五兵衛はあんな人殺しまくって義士でいいのか?という感じだけど、凄く素敵。面白かったー!


襲名三ヶ月間の「見るぞっっこのやろっっ」という気合をいれた観劇ってんでなく、今回は本当にすっきりストレス解消って感じで見られたので楽しかったです。フィクションでの猟奇、殺しというのはどうしてああも美しいもんなのか。スッキリ!(←いいのか?)
歌舞伎座も今月はすっかり夏模様で、浴衣地や下駄なんかの出店(?)がでてました。わたしはあんまり甘いものは苦手ですが、今月出ている「銀座鹿の子」の「ゆで小豆アイス」はさっぱりしてて美味しかった。結構人気の様子でした


+++
ふむ
三五郎」はよろしい
六七八右衛門」 ……
「ごろつき勘郎」  で9、

一と二と四はどこにいるんだろ
なんかもートリッキーだなー鶴屋南北
[PR]
by lowoolong | 2005-06-10 04:12 | 歌舞伎
<< 忠臣蔵外伝 四谷怪談 劇団山の手事情社「銀河鉄道の夜」 >>