中村歌留多や中村雅楽や

火サス「歌舞伎役者 中村歌留多」みましたー
テレビでも福助がみれてラッキィ☆ってかんじですね。ややナヨいけどダンディー
でもやっぱし歌舞伎やってる福助(歌留多)がいっちゃん良かった。葛の葉…

眼医者や掃除屋や自治会長や芸者弁護士やラーメン刑事が出てきて見事に事件を解決してしまうと言うサスペンスもののジャンルにおいて、「歌舞伎役者がなんで事件解くんや!!」というツッコミはナンセンス!なんでしょうねえ。歌舞伎役者に比べたらラーメン刑事や芸者弁護士の方がよっぽど何それ!ってかんじだしな。

以前、たまたま歌舞伎役者が探偵の『團十郎切腹事件』という本をもらったので最近ぺろぺろと読んでいたのですが、タイムリーなことでした。
この作品は戦後の演劇評論の代表格である戸板康二氏が書いた、高松屋の屋号を持つ老優・中村雅楽を探偵とした連作ミステリーものです。
表題作の「團十郎切腹事件」は直木賞をとったとやら…… わたしは、今回の「中村歌留多」となんとなーくオチが似ている「奈落殺人事件」も好きです。うん。
行動派な歌留多さんと違って、雅楽は徹底的に安楽椅子探偵ですね。
わたしは勝手に雅楽を中村又五郎丈でイメージして読んでいましたが、福助丈のサイトを見てみたら先代(十七代)勘三郎がこの「中村雅楽」をテレビドラマでやったと言うじゃありませんか。知らなかったー

まあそんなこんなで
獅童さんに続きかんたろうさんまで近々なんかあるんじゃないかと福助にちょっぴり(いやだいぶ)振り回されている今日一日でございました。
それが本当だったら中村屋、今年度話題多すぎ。……へーすけぇ~
[PR]
by lowoolong | 2005-05-18 03:24 | みものききもの
<< ビューティフル・サンデイ (ビデオ) アッちゃんのベビーギャング >>