12月大歌舞伎(昼)


席は3階B席の一番後ろで、前の人が前のめりになるもんだから良く見えなくて結構いらいらしたりもしたけれど。
演目は大満足。ブラボー!!
前月よりずっと自分好みでした。ミーハー野郎といわば言え。
月後半になれば筋書きに写真が入るって聞いたので、替わりにイヤホンガイドを借りたわけですが……うーん、一長一短。たしかに痒いところに手が届く面白い解説、しかし演目には集中しづらいかも。
しかし、お話はよかったあー。これこそエンターテイメント。

■子持山姥■
福助がすごーくいい。捨てられた女のすね加減や元お女郎という蓮っ葉なところ、子を宿してからの鬼女ぶりといい強さといい、しっかりしたたかで仇っぽい、そしてカワイイ。
福助、もとい八重桐がしゃべりまくる郭喧嘩の再現や、悪者?(笑)の部下たちとの派手な大立ち回りがとてもおもしろい演目。ハデだったなあ!いいなあ!
しちのすけはどうしてああ可愛いのかしら…。あと弥十郎の「せえらむらいと」が笑える

■身替座禅■
はじめて勘九郎を生で(遠くからだけど)見たぜー!
やっぱり、勘九郎はすごい。でてきただけで客席がわくスター性というものは、理屈じゃないね。とにかく、山陰右京のような愛嬌のある役は適任だと思う。三津五郎の奥方、本当にだんなさんのことが好きなんだなあ、可愛いなあ(顔はアレですが…笑)と思った。ちょっと可哀想じゃないのさ!
橋之助の太郎冠者も楽しそうに演じていてとてもいい。うい奴うい奴~

■梅ごよみ■
仕草は可愛いけど、、ううんやはり勘九郎は立ち役のがいいような…(笑)声がかすれてたけど大丈夫かしら。
玉三郎はやはり当代一の立女形。ほんときれい…。玉三郎と勘九郎、ぴったりの組み合わせではないかと。
弥十郎さんが格好よくって惚れちゃいました。たっぱのある体、軽すぎずなおかつ重すぎない声・存在感。かなり好み。
大川の舞台装置が圧巻。とても綺麗。見た目に花があってこそ歌舞伎だ!
[PR]
by lowoolong | 2004-12-30 17:55 | 歌舞伎
<< 十二月大歌舞伎(夜) BeSeTo演劇祭  >>