BeSeTo演劇祭 

早稲田大学にて十一月期に行われた、日中韓の合同演劇祭「BeSeTo演劇祭」を見てまいりました。besetoとは、各国首都の北京ソウル東京の頭文字。といっても日本のお芝居しか見られなかったのですが。
いやあ。すっげえおもしろかった。

劇団山の手事情社の「道成寺」はほんとに、すさまじかった。

最初に、生卵を卵を吐いては「ギョエー!」とか「キエー!」とか叫ぶ女たちが出てきたので、「ア、アングラ…?」とかアングラ演劇の何たるかもしらないのにびびってましたが、いやあぞくぞくするほど面白かったです。(卵は蛇とかけてるのか~)
今昔物語のやもめ女が鐘に向かってくどくのは、なんとも怖く痛切で、泣きそうになった。
蛇にたたられ狂気に憑かれた僧侶、安珍様いのーが切ない清姫、とにかく役者全員すばらしく身体を使っている。日高川越えと大蛇の表現はすごい。これこそ、脚本だけみて云々するは木をみて森を見ずということになる芝居でしょう。大時代的なせりふ回しが奇抜な衣装に見事に生えている。
近くで観れてとてもよかった。ほんとにただでいいの?

(蛇足ながら「道成寺」というのは歌舞伎でおなじみ、安珍・清姫伝説で知られる和歌山のお寺。
旅の僧侶安珍と清姫は一度で恋に落ちるが、修行の身である安珍は結局清姫をふって逃げる、逃げたその先は道成寺。愛憎に駆られた女の一念大蛇となって、安珍の隠れている鐘を焼き尽くしたという。)
↑これが全体のモチーフとなって、オムニバスのように話が進む。あーー、おもしろかった…





劇団大阪新撰組「玄朴と長英」

小劇場の空間で、役者の誰もが一度も袖に引っ込まないという芝居。
ほとんど玄朴と長英の二人芝居である。スーツをきた男は現代人、二人の話を呆然と眺めているだけ。
まじめで小さくまとまる玄朴と、大言壮語で血の気の熱い長英。サリエリとモーツァルトにたとえるのは強引だろうが、ああいう好きだから憎くて憎くてたまらないという感情は普遍のテーマだと感じる。
役者の熱意あふれる芝居はすごいけど、置いてけぼり感が拭えなかった。
ていうか早口すぎて何を言ってるかわからない…けどまあそれはいいか。
[PR]
by lowoolong | 2004-12-30 17:39 | 演劇
<< 12月大歌舞伎(昼) 「野田版研辰の討たれ」DVD >>