五月大歌舞伎(夜の部)

五月十二日
勘九郎改め十八代中村勘三郎襲名興行(夜の部)


c0022251_141339.jpg五月夜はチケット取りに失敗し、幕見で頑張るしかねえかなあと思ってたところ、思いがけず三階席が手に入りました。あぁあーありがたやー
当日になるのが勿体無いなぁというかなんというかで、またもやや睡眠不足でした(そういうのはもういい加減にした方がいいとは思う)。

義経千本桜(源九郎狐、すっごい可愛い)も鷺娘(動く芸術とか生きる美というのはこういうもんだと思った)もとてもよかったですがやっぱり「野田版研辰の討たれ」はずるい、すごかった。
勘三郎襲名が、中村座開祖に由来する「猿若江戸の初櫓」で開けて、五月の夜に「野田版・研辰の討たれ」で一区切りを打つ。血縁はないにしても、過去から当代へいたる中村(猿若)勘三郎という名の大きさと面白さにわくわくします。つーかもう、十八代目大好きです。素敵だ。

■野田版・研辰の討たれ■
c0022251_049297.jpgやっぱりというか当然というか、映像よりも何倍も面白かった。DVDで何度も見たしなあ、とちょっとなめてた私がバカでした。

私は相も変わらず三階席でしたが、目、目、目の前の通路を辰次が駆け抜けて行った……!足速ぇー!三階を西から東へ駆け抜けてまたすぐ舞台に現れましたが、もしや替え玉だったんだろうか…。超早かった。すごいや勘三郎

オペラグラスがまだるっこしい。誰か一人が見せ場をやっているのでなく、舞台にいる全員が生き生きとしているからだ。

ストーリーに全くといっていいほど変わりはないけれど
幕開きすぐのスクリーンにうつる吉良の討たれも、
九一郎・才次郎兄弟の手本の試合も、
辰次の滑稽さ加減も、
お家様の「あっぱれじゃ!!」も、
からくり人形も(千と千尋ではなく今回は「さくら、さくら、今咲き誇る~♪」だった)
およし・おみね姉妹の仇っぽさも、清太夫さんの超近距離義太夫も、
もーどれもこれもあれもそれもみんな、素晴らしい新鮮さで超面白かった。ここまでツボ・ツボ・ツボな、九割以上がツボにはまるエンターテイメントもないよ…あくまでもわたしのツボではございますが。

・ご家老の三津五郎丈、じいさんっぷりにびっくりです。すげーな、大岡やその他諸々と全く別人に見えるよ…感動的。弥十郎さんが隅っこでステップの練習(?)をしてるのがおかしくておかしくてしょうがなかった(笑)
・獅童さんはやっぱり最初のほうでわぁわぁ言うお侍のひとりだった。辰次に「結婚がきまった奴もいるじゃねーか!」と言われてました。
・芝のぶちゃんの「ざんねーーん!!」とか、かんたろさんと染五郎のアンガールズとか(笑)
・ふいごで追いつ追われつなシーンに、ギンギラな金髪のかつらと星条旗股引の喜多さんがキターー!!「弥次さぁーん♪」ってあんた… 金魚とたわむれている辰次も「夜でもアーサー…」と言ってました。なんだかもう、中村屋超すてき…☆ミ
・初演時も現在もまた阿修羅の如きご活躍の染五郎。と、ちょっとの地震に心配して彼女に電話をかけたと言う優しいかんたろさん。い、いいんすかねなんか親父さん直々に暴露してますけど(笑)

「刀持て、刀持てっ」の群集が、だんだんと何かの薄気味悪い力に変わっていく。
「研ぎます研ぎます、研いだ刀で打たれます」はこんなにずきーっとくる台詞だったんだなあ。バカで滑稽でうざくて弱くてセコいということの哀れさ。やっぱ勘三郎は凄いと思う。うまい。
幕切れの胡弓による演奏「カヴァレリア・ルスティカーナ(間奏曲)」は「道化師」とよく同時上演されるオペラの作品であり、訳すると「田舎の騎士道(武士道)」だといいます。道化と武士道。野田秀樹は皮肉な選曲をするものです。くぅー
笑って笑って笑って、でもじーんとして、もう凄く楽しかった。四月の道成寺のドーンとした感動とはまた違う、ぱーっと元気が出るタイプの感動でした。すばらしい。
役者も作家も、関わる人皆が歌舞伎を信じていなければ、こんな凄いものはつくれないだろうなと思う。野田歌舞伎、またいつか新作をやるといいなあ。


+++
襲名月、イヤホンガイドでは幕間に勘三郎のインタビューがはいっちょりまして
「はいこんにちは、月組の……なんちゃって嘘ですごめんなさい」という出だしに忍び笑いが止まらなくなって困りました。く、くだらない…!

そういえば開幕前に歌舞伎座近くの「ナイルレストラン」でカレーをたべたのですが
インディで陽気な店員のおっちゃんの「ムルギランチでいいですか~♪」的なオススメっぷりが凄く面白かったです。鶏肉のカレーだったムルギランチは美味しかったです。量が思ったよりも多くてどうしようかと思いました。完食したけど。

□カヴァレリアルスティカーナと道化師について、ぴかちゅうさんとyukari57さんのご鞭撻をいただきました(ありがとうございましたっ)訂正。
[PR]
by lowoolong | 2005-05-13 01:04 | 歌舞伎
<< アッちゃんのベビーギャング 藤井隆が >>